Vivitar Series 1 28-105mm F2.8-3.8

レンズ構成

12群14枚

画   角

75-23゜

最近接距離

0.22m

絞り羽根枚数

8枚

最 小 絞 り

22

フィルター径

67o

全長×最大径

107×69o

重   量

615g

価   格

28-90mm F2.8-3.5の後継機種。バリフォーカルをはじめとする先代の基本部分を踏襲しつつ、望遠側の拡張、全長の短縮、近接距離の短縮、絞り羽根8枚化等の性能アップが図られている。また、コーティングも変更されたようで、さらに抜けの良い描写となっている。ただ、同時に変更されたロゴ入りのゴムローレットやレンズ前枠の赤いラインは好みの分かれるところだ。また、内部のメカニカル変更によって少し自重落下するようになったのは残念だ。
製造は先代のコミネからコシナに変更になったようだが、コシナにしては質感の高いしっかりした作りになっている。ちなみに、現行品はCosina 28-105mm F2.8-3.8のOEMに変わっており、Series 1とは名ばかりで、すべての面で大幅にスペックダウンされた別物だ。