Vivitar 24mm F2.0

レンズ構成

?群?枚

画   角

84゜

最近接距離

0.3m

絞り羽根枚数

6枚

最 小 絞 り

16

フィルター径

52o

全長×最大径

47×64o

重   量

260g

価   格

'83年?

Vivitarからは'76年に初めて24oF2のスペックを持つレンズが発売されており、80年代前半の発売と思われるこのレンズはそのモデルチェンジ版という位置付けになるのだろう。キノ精密製の先代は中古市場で比較的よく見掛けるが、コミネ製のこのモデルは玉数が非常に少ないようだ。鏡胴デザインが28mm F2.0 Close Focusと共通なので、おそらく同時期の'83年頃に発売されたものだろう。
このレンズもコミネ製の例に漏れず、非常にしっかりした作りで、20年以上たった今でもヘリコイドや絞りの操作感は良好だ。描写性能についても、クリアかつシャープで逆光にも強く何の不満も感じない。コミネはVivitarの製造元の中で最も優れた技術を持ちながら、自社ブランドを持たない唯一のメーカーだったために生き残ることが出来なかったようだ。