Vivitar Series 1 105mm F2.5 Macro

レンズ構成

6群6枚

画   角

23.3゜

最近接距離

0.35m

絞り羽根枚数

8枚

最 小 絞 り

32

フィルター径

52o

全長×最大径

102.5×72o

重   量

650g

価   格

自社ブランドKironを持つキノ精密工業(現・メレスグリオ)製の等倍マクロレンズ。
80年代前半、同社のKiron 105mm F2.8 MacroがVivitarにOEM供給され、Vivitar 100mm F2.8 Macroとして発売されているが、このレンズはそれの二代目にあたる。先代が複数のブランドにOEM供給されていたのに対して、このレンズはVivitarだけに供給され、自社ブランドのKironでも発売されていないので、Vivitarオリジナルのレンズとも言える。
先代とはゴムローレットやレンズ先端部などのデザインが異なるほか、開放F値が少し明るくなっており、単なる意匠変更にとどまらず光学系にも手直しが施されているようだ。絞り開放時の露出を比較すると、確かに1/3段ほど明るくなっているのが分かる。

《最近接の状態》