Sigmatel 135mm F1.8

レンズ構成

4群6枚

画   角

18゜

最近接距離

2.0m

絞り羽根枚数

8枚

最 小 絞 り

22

フィルター径

77o

全長×最大径

97×80o

重   量

830g

価   格

('73?)

YSマウントを採用した自動絞りの大口径135mm。海外市場ではSIGMATEL SCALEMATICという同じスペックのレンズもあるが、いずれもシグマ製と考えて間違いないだろう。シグマからは'73年頃に4群6枚構成の同一スペック のレンズが発売され、'75年頃のカタログからはXQ-135mm F1.8という名前に変わり、'79年にカタログ落ちしている。おそらく、このレンズの輸出名がSigmatelだろうと思われる。
前面レンズにマルチコートを施され、8枚の絞り羽根を備えるなどスペックは高いものの、絞り開放ではコントラストが低く、ハロが目立つソフトフォーカス調で、せっかくの大口径ながら積極的に絞り開放を使う気にはならない。一説にはPentax-A 135mm F1.8のお手本になったレンズと言われるが、描写性能の点ではとても比較にならないだろう。

参考-大口径135mmのレンズ構成