Vivitar Series 1 24-48mm F3.8

レンズ構成

9群10枚

画   角

84-49゜

最近接距離

0.6m

絞り羽根枚数

6枚

最 小 絞 り

22

フィルター径

77o

全長×最大径

74×80o

重   量

550g

価   格

500米ドル('76)

Vivitarの高性能バージョンであるSeries 1のうちの1本で、製造はキノ精密。開放F値一定で超広角から標準域をカバーする便利なズームレンズだ。
開放F値の公称値は3.8だが、カメラ内蔵の露出計で測ると実際のレンズの明るさはズイコーレンズの2.8と同等で、ファインダー内のプリズムもまったく翳らず、ピント調節でストレスを感じることはない。光学性能については、広角ズームにありがちな歪曲はズーム全域で良く補正され、解像力についても単焦点レンズ顔負けのシャープさを発揮する。
OMマウントでは最高の広角ズームと言って差し支えない優れたレンズだが、発売時の価格がかなり高かったせいか、製造本数がかなり少ないようで、中古市場ではあまり見掛けない。