Vivitar Series 1 200mm F3.0

レンズ構成

6群6枚

画   角

12゜

最近接距離

1.2m

絞り羽根枚数

8枚

最 小 絞 り

22

フィルター径

72o

全長×最大径

116×80o

重   量

823g

価   格

334米ドル('74)

Vivitarの高性能バージョンであるSeries 1のうちの1本で、シリーズ発売当初からラインナップされていた大口径望遠レンズだ。同時期に発売されたSeries 1 135o F2.3と同じコミネ製で、シルエットも非常に似通っており、焦点距離に比して最近接距離が短いことも共通している。
光学性能について、Gary Reeseさんの“Olympus OM System Lens Test”では辛い評価になっているが、実際に使ってみると、大口径にしては絞り開放からまずまずシャープで、絞り込んでいくに連れて解像力を増していく感じで、描写性能について特に不満は感じない。
最大1:4のマクロ倍率を誇る近接撮影でも画面周辺まで均一な描写を見せ、ボケも綺麗なので望遠マクロ的な使い方も可能なレンズだ。